めっちゃぜいたくフルーツ青汁の添加物は危険なのか?

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁添加物

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は青汁なのにフルーティで飲みやすいと人気です。青汁なのにフルーティーってどういう味付けをしているの?よっぽどヤバい添加物が入っているんじゃないの?など、安全性が気になってしまう方もいるかもしれません。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁の添加物全てを書き出し、詳しく調べてみました。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁を楽天・Amazon・公式で価格比較をチェック

 

 

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁の原材料

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁添加物

 

原材料欄にかかれているものの「/」より前は原材料、後ろに書かれているものが添加物になります。

 

どんな添加物が使われているのか、またその詳細についてまとめてみました。

 

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁の原材料について詳しく知りたい方はこちら

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁の添加物

名称 詳細
シクロデキストリン デンプンの酵素反応によってできるオリゴ糖のこと。「新食物繊維」とも呼ばれ、デンプンが原料なので安心。

甘味料
(スクラロース、ネオテーム)

砂糖の数百倍の甘さのある甘味料。日頃からよく利用される甘味料なので特に心配の必要はない。
香料 食品添加物の香料は化学物質名を明記しなくてよいことになっているので詳しい名称まではわからないが、めっちゃぜいたくフルーツ青汁のトロピカルな香りはこの香料によるものだと言えるでしょう。青汁が美味しく飲めるようになるポイントですね。
ビタミンC 美容目的だけでなく、品質を酸化から守る働きでも使用されます。
ヒアルロン酸 美容目的で使用されることが多く、肌のシワやたるみなどに効果があります。
ビタミンE 脂溶性ビタミンの一種で、抗酸化作用や血行促進に効果があると言われています。
ナイアシン いわゆるビタミンB3で水溶性ビタミンの一種。コレステロールの値を下げる働きもあります。
パントテン酸Ca 他のビタミンと協力して、糖分や脂質の代謝をよくしてくれます。水溶性ビタミンの一種で納豆など身近な食品にも使われています。
ビタミンB6 タンパク質を分解するときに使われるビタミンで、肌荒れや口内炎の防止にもなる。
ビタミンB2 着色料として使われることが多いが、不足すると口角炎、口内炎などの原因になることもある。
ビタミンA 食品に含まれる油脂の酸化を防止し、食品の安全性を高めるために使用される。
葉酸 葉物野菜に多く含まれる葉酸は妊婦さんに必要な栄養だと言われていますが、健康促進や美容効果も期待できます。
ビタミンD カルシウムの吸収促進や骨の形成に関与しているビタミンです。
ビタミンB12 葉酸と働き、血液を作る水溶性ビタミンの一種です。

 

 

 

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁に使われている添加物は、品質保持だけでなく、栄養強化や美味しく飲むために必要な物も含まれていることがわかりますね。


 

また厚生労働省の「指定添加物」に指定されている物もあり、厚生労働省の基準をクリアしているものだとも言えます。食品添加物だと聞くと危険なイメージがあるかもしれませんが、厚生労働省・WHOが全く問題がないといっているものしか、使われていないのです。  

 

さらに詳しい食品添加物についてはこちらを参考になさってください。

>>既存添加物名簿収載品目リスト

 

 

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁の添加物についてまとめ

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁の添加物は、全て安全な物であると言えると思います。また「添加物」とは、豆腐を作る「にがり」のように100%安全な物も含まれます。めっちゃぜいたくフルーツ青汁の添加物にも、ヒアルロン酸など美容目的のものもありましたよね。

 

添加物だから絶対にNG!と思わずに、なぜ入っているのか?安全なのか?その働きは?などなど、内容をしっかり理解して口にすれば心配することはない物だと言えるでしょう。

 

>>めっちゃぜいたくフルーツ青汁の詳しい原材料についてはこちら

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁の

品質に納得したら♪

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁